4 Hero ‎– Two Pages (1998)

久々に聞いたら、最近ヘビーローテーション、もちろん懐かしさもあるが、改めて、クラブミュージックとしてだけでなく、リスニングにも耐えうる(あくまで個人の趣味だが…)楽曲の完成度の高さを認識できる。…という感想に反して(汗、最近よく聞くのはEbisuGardens、と、Dauntless。。はなんだろ、優れたドラムンベース、ザ!ドラムンベース◎
ドラムンベースで思い出すのが、DjJoker、12~3年前?近所のBarで毎月Djさせてもらったとき、同時期にそのBarでDjをしていた彼が遊びに来てて、話してみると、同じマンションに住んでいることが判明。階段を上って遊びに行った時は、ドラムンベースへの愛着を感じさせてくれる宅Djを披露してくれた。そのときのメインディッシュはロニサイズ。
アルバム中でも当時よく聞いていたのは、Ursula Ruckerのポエトリングがはまりすぎの、Loveless。
1998年にリリースされてたんですねー、今(2014年)と比較すると、当時のシーンのほうが熱気を帯びていたと感じるのは私だけでしょうか(苦笑)